仕事内容

メンテナンス

ウエストエンジニアでは東海地方を中心として、北陸地方や関西地方の工場や企業様、施設建物において下記の内容を実施させていただいております。

自家発電設備点検・整備・販売

蓄電池設備点検・整備・販売

ディーゼルエンジン点検・整備

小型発電機点検・整備・販売

建設機械設備点検・整備・販売

駆動ポンプ設備点検・整備・販売

消防設備点検請負、水の自動販売機点検、メンテナンスなどなど...

我々が扱っております設備は各施設の中で、災害時の非常用電源としてはなくてはならない設備となります。

お客様の設備を長期にご使用していただけるために最優先なご提案とともにお付き合いさせていただき、日々精進しております。

自家発電設備点検・整備

IMG_3268

消防設備の非常用電源として設置されている自家発電設備は、法令に基づき消防設備点検に加え、定期的な負荷試験による点検が義務付けられています。

法令で年2回(総合・機器点検)を行い、非常時に使用できるように点検を行っています。点検だけでなく長期間ご使用していただくためには、車と同様、定期的なメンテナンスも必要不可欠な位置づけでもあり、今まではその認識が非常に少ない状況の中、近年天災等により緊急時での備えを十分できていないことを含めて、再度提案をしております。

しかし、設置状況によっては外字負荷装置の配置が困難となり、装置を利用したメンテナンスや負荷運転ができない場合がありました。

そこで、2018年6月1日に点検方法も改正されて、今一度非常時に対する重要性を見直す時期に来ていると思います。

そこで私たちも最適な提案ができるとともに、長期に設備が使用できるように点検、メンテナンスをお届けいたします。

蓄電池設備点検・整備

IMG_3268

蓄電池設備の定期点検は、法令で定められています。(建築法)

蓄電池を取替時期を過ぎて使用すると、必要な時に機能が果たせないだけでなく、停電時に非常照明が点灯しない、消防用設備が使えない、自動火災報知機が作動しない、非常時に想定時間使用できない等の原因となります。一式交換の場合、蓄電池は受注生産のため納期が種類によって変わりますが、受注後45日~の納期がかかりますので定期的な交換を勧めております。

蓄電池設備の技術者・蓄電池設備整備資格者にお任せください。

ディーゼルエンジン点検・整備

P1100206

近年のディーゼルエンジンは最新ハイテク技術が活用されており、小型、軽量、高出力、高回転化が図られています。

これにより機関主要部が大きな熱的負荷や機械的負荷が加わり、従来のディーゼル機関と較べて、過酷な状況下で使用されています。車や農機具等と同様に扱われていますが、法令的な縛りが無く、お客様の任意によって、点検・部品交換を行っています。お付き合いのあるお客様は事前に通達し、ある程度の期間で取り決めており、新規のお客様に対しても納得のいける内容でお話をさせて頂き、作業を進めております。

エンジンごとに異なる多種多様な部品も、最適状態の整備、供給をいたします。

消防設備点検・整備

P1100206

建物を火災等の災害から守る非常に重要な消防設備の点検や整備、工事も幅広く手掛けます。

建物の用途、規模、収容人員に応じて屋内の自動火災報知などの消防用設備の設置、点検が厳格に義務付けられています。

我々は建物利用者の安全が守られるよう、適切な設置箇所を選定して保守点検、保守管理を行います。